Bazaar with MAC OS X


MAC OS X で Bazaar の環境設定を行ったので、備忘録としてのメモ。

Bazaar MAC OS X 導入

1,Bazaar 2.3.1 をダウンロード
2,Bazaar-2.3.1-1.mpkg をインストール

初期設定( /Bazaar 2.3.1/Documentation/日本語/mini-tutorial/index.html を参照)

1,ターミナル起動

2,自分の情報を登録する
$ bzr whoami “tyatopon

3,確認する。コマンドを入力した結果、先程の情報が表示されればOK
 $ bzr whoami
tyatopon

4,リポジトリにしたいディレクトリへ移動する(cdコマンド)
 「/develop/bazaar/testProject」なら
 $ cd /develop/bazaar/testProject

5,プロジェクトディレクトリの初期化を行う
 $ bzr init

6,これで管理をするための準備ができました。
  次に管理対象となるファイルを追加しましょう
  プロジェクトディレクトリにいる状態で以下のコマンドを実行
  ※現行配下のディレクトリ(先ほど作成された管理ディレクトリを除く)が全て再帰的に追加されます
 $ bzr add

7,これらをブランチにコミットしてスナップショットをとります
  -m オプションはコミットの理由です
 $ bzr commit -m “Initial import”

コミット方法
 $ bzr commit -m “change for test commit”

変更履歴
 $ bzr log

Launchpadへの登録

 $ cd ~/
 $ ssh-keygen -t rsa

 キーが生成される
  ~/.ssh/id_rsa.
  ~/.ssh/id_rsa.pub.

 Launchpadのウェブ上から「id_rsa.pub」の内容をそのまま貼り付ける

 $ bzr launchpad-login (ユーザ名)

 $ cd /develop/bazaar/testProject
 $ bzr push –use-existing lp:~(ユーザ名)/+junk/testProject


8年 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です