備忘録:Scenic3でのJSON利用

投稿日:

備忘録です。

Scenic3では「ScenicPage.responseJson」を呼び出すことで、データをJSONとして返すことができます。

ただ、環境がそのままではエラーになってしまうので、「JSONIC」を入れてやります

  1. サイトからZipファイルをダウンロードします
  2. 解凍してあらわれた「jsonic-*.*.*.jar」を「war/lib/」「war/WEB-INF/lib」に配置します
  3. ビルドパスに「jsonic-*.*.*.jar」を追加します

※7/20修正

以上で「ScenicPage.responseJson」を使う環境が整います。
※ほんとSlim3+Scenic3はラクチン

今回動作確認した環境

  • Slim3:1.0.11
  • Scenic3:0.4.2
  • JSONIC:1.2.5

コメント コメントを追加

  1. 匿名 より:

    助かりました。貴重な情報ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です