【備忘録】gitでローカル・リモートブランチの削除(Assembla)

投稿日:

最近備忘録ばかりですが、後で助かるんですよね。
※あの時のオレは別人的な
※そういやポタアンその後も書かないと・・・汗

gitでローカルブランチ・リモートブランチを削除する方法です。

まず、GUIでGitboxを利用していますが、それらしいコマンドがありませんでした。

しかたないので、MacOSXでこのへんからDMGファイルを落としてきて、コマンドラインから作業しました。
あ。x86-64をダウンロードしています(MacBookAir、OSX10.6.8)

リポジトリのディレクトリへ移動
$ cd /dev/sources/project/

ブランチ一覧を表示
$ git branch -a
master
* origin
remotes/Assembla/master
remotes/Assembla/origin

今回はoriginだけを残したいので、その他を削除
ローカル「master」を削除
$ git branch -D master
Deleted branch master (was e61420b).

一覧を表示して確認してみる(ローカルmasterが消えている)
$ git branch -a
* origin
remotes/Assembla/master
remotes/Assembla/origin

リモートのmasterを削除する
$ git push Assembla :master

warning: Deleting the current branch can cause confusion by making the next
warning: 'git clone' not check out any file.
warning:
warning: You can set 'receive.denyDeleteCurrent' configuration variable to
warning: 'refuse' in the remote repository to disallow deleting the current
warning: branch.
warning:
warning: You can set it to 'ignore' to allow such a delete without a warning.
warning:
warning: To make this warning message less loud, you can set it to 'warn'.
warning:
warning: Note that the default will change in a future version of git
warning: to refuse deleting the current branch unless you have the
warning: configuration variable set to either 'ignore' or 'warn'.
warning: deleting the current branch

To git@git.assembla.com:プロジェクト名
- [deleted] master

一覧を表示すると、リモートも削除できている
$ git branch -a
* origin
remotes/Assembla/origin

ほんとはmasterを消すのはよくないかも?
まぁ今回はoriginを中心に残したかったってことで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です