Gmail2段階認証における各設定方法について


結構めんどくさかった!
とりあえずメモ。後日書きなおすかも。

iPhone持ってる人向けのまとめ。

  1. 2段階認証の導入
  2. アプリ固有のパスワード作成
  3. iPhone標準メーラー設定
  4. 認証アプリインストール
  5. iPhoneのGmailアプリ設定

  1. 2段階認証の導入
    PCからGmalの2段階認証ページにアクセス。
    まず、SMS/音声認証の設定をやっておく。電話番号を設定するなど。
    音声を選択した場合は
    http://ascii.jp/elem/000/000/743/743184/
    のように電話がかかってきて電子音声で6桁の番号が連絡されるのでこれを6桁入力を要求している画面に入力する
  2. アプリケーション固有のパスワード作成
    PCの2段階認証設定画面にある「アプリケーション固有のパスワードの管理」をクリック。
    移動した画面の下の方にある名前を入力する欄に「iPhoneの標準メーラー」などといったわかりやすい名前をつけて「パスワードを生成」ボタンをクリック
    表示されるパスワードをどこかにメモしておくこと!
    (2度と確認できません。端末ごとに入力が必要と思われますが、各端末の入力が全て終わる前に忘れると再作成が必要かと。。。つまり全端末入力をやりなおし?)
    あ。このパスワード盗まれたら終わりなんでそのへんは各個人で管理をば。責任とれません。
  3. iPhoneの標準メーラー
    今までのパスワードにかわって、2で作った「アプリケーション固有のパスワード」を設定してやれば、また受信できるようになります
    一度「×」ボタンでアプリを完全終了?しておかないとうまくいかないという報告があがっているようですね。。。
  4. 認証アプリインストール
    iPhoneのApp Storeから「Google Authenticator」で検索。
    日本語の「認証」とか英語でも「Auth」だけだと検索に引っかからない場合があるので注意。
    インストール後、「+」をクリック。PCの設定画面にあるバーコードをスキャンして有効化する。
    すると、時間で設定していれば一定時間ごとに6桁の数字が表示されるようになる。
  5. iPhoneのGmailアプリ設定
    まずパスワードを要求されるので、今まで通りのパスワードを入力してやる。
    次に6桁の番号を要求されるので、認証アプリに移動し、6桁の番号を覚えて速攻Gmailアプリに移動→入力!
    切り替わる時間が短そうなので、認証アプリで番号が最新化されるのを待ってからGMailアプリに移動した方がよいかも?
    無事入力できれば、利用可能に。

以上、半分自分用のメモ。駆け足でお届けしてみました。


5年 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です