ケーブルルーティング見直し

投稿日:

やっと元気になってきたので、やろうと思っていたシフトケーブルのアウター配線の見直しを。
(写真は後からアップしようw)

BH G5のフレームを手に入れて、全部自分で組んでみたんだけど、シフトケーブルの取り回しに失敗していた感じ。
左へのハンドルが半分しか切れないという。。。

普通に走る分にはそんなにハンドルを切ることはないから直近の問題にはならないんだけど、やっぱり気持ち悪い。

あと、ケーブルというかFD・RDの調整が下手くそなので、ケーブルを引っ張りすぎてあちこちケバだちまくり。

さらに組み上げるときに病み上がり、というか、まだ微熱ある状態で情熱のまま勢いで組んだので、アジャスターを入れてなかったりw

そんないろんな事情も重なったので、ちゃんと元気になってきたらルーティング見直そうと思ってたわけです。

■シフトケーブル

シフトケーブルはポリマーコーティングではなく、オプティスリックをチョイス。
ちょっと青みがかっててカッコいい!
オプティスリックは自分が作業下手くそなのもあって、すぐケバケバになってしまう。。。
それならオプティスリックの方が毛羽立ちにくいかなーと。

■アジャスター

シマノのアルミをチョイス。
なんか高級感あって良い感じ♪

■作業

  • RDケーブルぶっこぬく
  • RDのアウター調整、アジャスターつける
  • FDのケーブルぶっこぬく
  • FDのアウター調整、アジャスターつける
  • RDのケーブル差し込む
  • FDのケーブル差し込む
  • FDの調整
  • RDの調整
  • 少し外を走る
  • チェーンがイン側に落ちるw
  • FDがアウターに入らなくなるw
  • 帰宅してFD確認。。。FDのケーブル止め(R8000)を逆につけていることが発覚
  • あと、なんかケーブル伸びてる(初期伸びにしては速すぎるので、引っ張り切れてなかった模様。STI内が甘かった?)
  • ケーブル引っ張って締め直し。その際、アジャスターやFD側の調整も最低に戻して引き直し
  • 合わせてRDも再調整。。。お、いい感じっぽい

■ルーティングについて

普通は

  • 右STIのRDケーブルを右側からそのままダウンチューブ右側に
  • 左STIのFDケーブルを左側からそのままダウンチューブ左側に

配線するんだろうけど、アールがキツくなるんですよね。。。

なので、

  • 右STIのRDケーブルを左側から緩やかなアールで回し込んでダウンチューブ右側に
  • 左STIのFDケーブルを右側から緩やかなアールで回し込んでダウンチューブ左側に

配線してみました。

メリットはアールが緩やかになる(と思ってる)ので、引きが軽くなること。
デメリットは、アウターが長めになることで、ハンドルを切ったときのアウターの動き(長さの変化というかアールの変化)がシフトによろしくなさそうってとこですかね。。。

明日の通勤に使ってみよう。
楽しみだ〜ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ

○後日書くリスト

「scultura400」

Untitled

  • ブレーキ交換(バイクいじりに目覚める)
  • BB交換(sculturaはJISだったのでDura-AceBBに交換してみた。変わらなかったw)
  • RD交換(R8000にドキドキする)
  • ハンドル交換(中華カーボンでカーボンハンドルの偉大さを知る)
  • RD調整できなくてショップへ持ち込む(プーリーの通し方間違っていた)
  • ショップで脅される(中華カーボンハンドル、規定トルクで締めると折れるかも)
  • ハンドル交換(チネリネオモルフェゲット!)(要はビビったw)
  • FD交換(R8000(ry)
  • ホイールゲット!(キシリウムプロエグザリット)
  • マビックグローブゲット!
  • ヘルメットゲット!

「BH G5」

  • カーボンフレームゲット!(BH G5)
  • STIゲット!(R8000)
  • サドルゲット!
  • チューブをラテックスに変更
  • フィニッシュラインのドライ系?ワックスタイプのチェーンルブを購入
  • シフトケーブルアウタールーティング見直し(この記事)

ここまで3か月w
気がつくとクランク以外が入れ替わってたと。。。ハハハ(^_^;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です